切り取り線の付いた遺書

休学を考えてる国文四年。ゴミでもあり。

んうい

鬱っぽいことを考えない!鬱っぽいこと考えるのは30分まで!で解決するなら苦労しないねんな

わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい

いつ死ぬか いやまあ、生きます。 生きてれば良いことがありますからねえ。 知らんけど。 わたしはどう考えても同年代の人間より遙かに劣っているし、正直どっかおかしいのだが、どうやら正常であるらしい。 友達は居ないが。 大学にも通えないが。 趣味も、…

米俵

学問的素養がない人間になぜ学問をさせるのか うんち、。 df f えdf er うhhgべfyhyyyyyyyyyggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggggg…

sasa

貴方は自殺するべきだし、私も自殺するべきです

dddddd

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお 死にてえぜ。 しかし。 私は死んでも許される人間だろう、と思うのだが。 十三騎兵防衛権とか、シンエヴァやら劇場版まどマギやらウテナやらも見たい。ジブリ作品も。まあそ…

そんでもって

二週間が経過。進捗は変わらず。嘘だろう。 何をやっていたかと言えば、何もやっていない。格ゲーをやっておりましたのよ、おほほほほ。新しい興味を喜ぶべきか、身になることをやっていないのを嘆くべきか。生きるのだから、学びに励みなさいよ。脳内のそう…

コズミック

死なせてくり~~~

青息吐息

死ぬことを許しておくんなまし

はるさめーせん

わたしゃもうダメなのだが、まあしかし生きねばならぬ。なぜ。私が「最低限こうあるべき」という人間に生涯のうちになれはしないと分かっているのだから、死は正当化されると思うのだが。ははは、まあのうのうと生きていられる人間のオナニーである。ほほ。 …

いおjhsぢあ

私一人の命ではないのだし、という言葉は呪いである。本当に、私は。まあ来年?再来年?とにもかくにも私に能力がないにしてもなんとか進路変更をせずに済む三月までは生きるか、とも思うが、別になんというかその制約はどこからきたのだ私はもう、生きてい…

wこ

私に能力がないのははっきりしているのだから、とっとと死んだほうが良いのは確かである。 ただ、結局これは「死ぬのはアパートの事故物件化とか捜索費用とか葬儀代とか親とか兄とか介護問題とかを考えたら無理だよね」という結論に行くだけなので、堂々巡り…

ぼのごどぼ

生きづらさの獣がよ、という。 私は虚栄心の塊でやはりダメなのだが。いやはは。 何もない、何も。 知的好奇心がなさ過ぎるのは素質の問題で、果たしてそれが命を捨てる理由として受け入れられるかが問題なのだが。問題で。 私はどこに居るのだろう。結果が…

かえるら

着手せねば。やり方は分からぬが。 たまに、私は自分を過大評価してるのか過小評価してるのかわからなくなる。人生において全く努力しなかった割には上出来な人生ではあるが、努力できないのだから無能である。 まあ一年後の結果発表を楽しみに、という感じ…

うんばば

「私には何か人並み外れた才能があり、今は何もなしえていないがその気になれば偉業を成し遂げられるだろう」という人間普遍の病理を、ではなぜ病理として扱わないのだろう。 上記のようなことが頭から離れず、それによって困っているというならそれは立派に…

うにゃらか

自殺、権利としてはあるはずで。 生きるのはやはり難しいし、自殺もやはり毎日考えてしまう。なので親に死ぬ旨を伝え、親孝行できず申し訳ない。納得してくれ。と言えればよいのだが。 例えば自殺する日を決めて、それまでの期間に周囲の人間に対して出来る…

十六日目

そうであったりもする。 あいかわらず自分の頭の悪さに嫌気がさす毎日。生きること、可能なのだろうか。 科学哲学という営みはどうつながるのか。わからないが。いやはは。 何もやっていないというか、ユーモアの実在性というか「〇〇(という事物)は面白い…

哲学。二年次の専攻決めで、私は「一番人気がなさそう」という自分なりの遠慮の表現として哲学科に進むことを決めたわけだが、四年次の今必要に駆られて触れてみるとこれがなかなか楽しい。 私は集中力が続く人間ではないし、頭も良くはないからあれなのだが…

訳もわからず

昼夜逆転の結果、訳も分からず泣いていた。訳が分からない。私は自分の情緒のめちゃくちゃ具合についていけそうにない。 死ぬ。訳にはいかないので、少し旅行先を調べてみるなど。銚子はまあまあ安げで、バイトでもすれば二泊分くらいはいけそうである。 死…

ニートども

いるらしい。何十万と。本当かよ。 私も半分ニート(半分ニートなので、真性のニートがこの自称をよく思わないだろうということもわかる)であり、その集団の一部になるということを真剣に考えねばならない。いや、真剣に考えるべきことが他にあるから半ニー…

やる気

やる気、ないと言うにはという感じだが。 私は何かの作業を続けることが出来ないので、「まずやってみればやる気は絶対出てくる」という言葉を全く信用していないのだが、しかしまあやる気が存在しないのは確かなのだろう。別に、「やる気が存在しない」と主…

何か

「1917」を随分前に見て、まあ素晴らしい映画だと思ったわけだが。ただその素晴らしさは表現技法と、それに適した物語設定にあるので他人にその素晴らしさを言語化して伝えるというのはだいぶ難しい。 そうなると、この作品の価値は果たしてどんなものかとい…

十日目

ということに。日記は精神をすり減らすだけなので気が向いたときに書くのが良い。 進捗としてはまるきりだめで、そりゃ受験勉強をしなかった奴が努力なんて出来るわけないよな、という感じである。 とはいえ、生きねばならぬし。私の家族はだいぶダメそうで…

雑記

せっかく色々見ているのだし、何か感想を書き留めねばということでここに。排泄みたいなもので、しかるべき便所で行おうという心構えでもある。 lain 視聴前はサブカルチックな雰囲気アニメを予想していたのだが、きちんと作品として面白く、また題材も好み…