切り取り線の付いた遺書

休学を考えてる国文四年。ゴミでもあり。

いおjhsぢあ

私一人の命ではないのだし、という言葉は呪いである。本当に、私は。まあ来年?再来年?とにもかくにも私に能力がないにしてもなんとか進路変更をせずに済む三月までは生きるか、とも思うが、別になんというかその制約はどこからきたのだ私はもう、生きていけはしないのだが、息はできるのだが、しかし、まあ生き続けようとは思わないのだし、もし親に自殺する旨w伝えてはいそうですかと終われようものなら死ぬのだろうかわからないが、昨日まあ再来年までにどうにかなってなかったら死にますみたいなことを伝えるとそんなことをいうんじゃないよくらいになだめられたが、それは親の責務としての発言か、実際私がニートになったらいやだろう、まあまあ未然の処置として自殺の時はいずれ来るのだろう。

能力の不足。私は自分が嫌いである。なので死ぬというのは筋が通っているだろう。何もできないのだ、私には。何もできない。私は本当に何をするのもおっくうで、躊躇してしまうし、ネットのスキルやら技術といった文言を見るとえらく疲れてしまうし、世の中に向いていないのだ。これは本当に誰からも理解されないだろうし、私も理解してもらおうとは思わないから、まあやはり自殺しかないのだろうな、と。

今のうちに栃木の旅館やらに予約してみても面白いかもしれない。華厳滝は確か栃木であったと思うし、止まった次の日に飛び込むというのは実に愉快な江連である。

精神ていな問題なのだろうか、能力の不足は精神医関係ないだろうと思うが、その判断も精神の影響だとすれば果たして。

生きていたくはないなあ。このままなら、本当に。別の自分に、というのは死亡フラグである。とおざけねば。

私は素質がなく、このまま来ていてもどうしようもない。そればっかりで。本当に。それを毎日ひたすら考えるというのは本当によくない。

発達障害医療機関に予約を入れなければならない。そうするように言われたのが二週間前だろうか。本当に。

卒論の中間発表が終わった。聞いているにんげんは何を思ったか。きっと馬鹿にしていることだろう。ただの妄言をよくもまあ卒論で取り扱おうなどと。担当教員は私を過信している。人並を期待しているとすれば、それは間違いで、私は本当に無能で低能であらゆる分野に及びがつかない知的好奇心のない怠惰な生ごみでしかない。

なぜこんな気持ちなのか。いやはは。死んだら楽である、先がないので。市場価値やら適応力やら、本当に厳しいもので、だったら死んでしまえばいいのだ。

みんななぜ生きているのか。多分八割がた死にたがっているだろう。一斉に死んでしまおうではないか、いけないのか。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

クッキー。食べない方がよい。

人生は楽しいことばかりで、本当にありがたい。

精神の不調ではないのだ。むしろ安定している。それはそれとして私は死ぬべきである。それが何より自分のためで。

私は頭が悪い。

膝、。

ピンク・

日光・

よくわからないのでやめた方がよい気がする

眠いのか、だいぶネタが。

るえぎ

エントリーシートとかをね。いや、私は本当に苦手で。

高校とか、そこらで一回自殺は経験するべきだっただろう。今自殺が失敗しても天気にはなりえない。

作品を最近は、アニメやら映画やら見たのだが、きおくとして定着しないので無駄なのではという。

スペックの低さよ。嘆くばかりだ。

本当に。

駅に行きたいな。しかし、私は笑われるのでは。

自制心・

まともに文章を書きなさいよ・