切り取り線の付いた遺書

休学を考えてる国文四年。ゴミでもあり。

はるさめーせん

わたしゃもうダメなのだが、まあしかし生きねばならぬ。なぜ。私が「最低限こうあるべき」という人間に生涯のうちになれはしないと分かっているのだから、死は正当化されると思うのだが。ははは、まあのうのうと生きていられる人間のオナニーである。ほほ。

本当に久しぶりに何もやっていない。やるべきことはある。というか、やろうとしているのだが、中間発表が終わってから何もしていない。

死んだ方がいい。いやはや。

私はADHDと思っていたが、カウンセラーが電話口で私を説明する際にADHDASDと言っており、ついてたんやあと。なんか、退路がない。相談したことであったはずの退路が消えた気がする。いやまあなかったのだが。しかし、それに無自覚でいられたのは確かだ。

ダブルラリアット。小麦を摂り始めたらまあ体調がよくないが、別に元から体調がよかったわけでもない。

迷走ばかりか。

いおjhsぢあ

私一人の命ではないのだし、という言葉は呪いである。本当に、私は。まあ来年?再来年?とにもかくにも私に能力がないにしてもなんとか進路変更をせずに済む三月までは生きるか、とも思うが、別になんというかその制約はどこからきたのだ私はもう、生きていけはしないのだが、息はできるのだが、しかし、まあ生き続けようとは思わないのだし、もし親に自殺する旨w伝えてはいそうですかと終われようものなら死ぬのだろうかわからないが、昨日まあ再来年までにどうにかなってなかったら死にますみたいなことを伝えるとそんなことをいうんじゃないよくらいになだめられたが、それは親の責務としての発言か、実際私がニートになったらいやだろう、まあまあ未然の処置として自殺の時はいずれ来るのだろう。

能力の不足。私は自分が嫌いである。なので死ぬというのは筋が通っているだろう。何もできないのだ、私には。何もできない。私は本当に何をするのもおっくうで、躊躇してしまうし、ネットのスキルやら技術といった文言を見るとえらく疲れてしまうし、世の中に向いていないのだ。これは本当に誰からも理解されないだろうし、私も理解してもらおうとは思わないから、まあやはり自殺しかないのだろうな、と。

今のうちに栃木の旅館やらに予約してみても面白いかもしれない。華厳滝は確か栃木であったと思うし、止まった次の日に飛び込むというのは実に愉快な江連である。

精神ていな問題なのだろうか、能力の不足は精神医関係ないだろうと思うが、その判断も精神の影響だとすれば果たして。

生きていたくはないなあ。このままなら、本当に。別の自分に、というのは死亡フラグである。とおざけねば。

私は素質がなく、このまま来ていてもどうしようもない。そればっかりで。本当に。それを毎日ひたすら考えるというのは本当によくない。

発達障害医療機関に予約を入れなければならない。そうするように言われたのが二週間前だろうか。本当に。

卒論の中間発表が終わった。聞いているにんげんは何を思ったか。きっと馬鹿にしていることだろう。ただの妄言をよくもまあ卒論で取り扱おうなどと。担当教員は私を過信している。人並を期待しているとすれば、それは間違いで、私は本当に無能で低能であらゆる分野に及びがつかない知的好奇心のない怠惰な生ごみでしかない。

なぜこんな気持ちなのか。いやはは。死んだら楽である、先がないので。市場価値やら適応力やら、本当に厳しいもので、だったら死んでしまえばいいのだ。

みんななぜ生きているのか。多分八割がた死にたがっているだろう。一斉に死んでしまおうではないか、いけないのか。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

クッキー。食べない方がよい。

人生は楽しいことばかりで、本当にありがたい。

精神の不調ではないのだ。むしろ安定している。それはそれとして私は死ぬべきである。それが何より自分のためで。

私は頭が悪い。

膝、。

ピンク・

日光・

よくわからないのでやめた方がよい気がする

眠いのか、だいぶネタが。

るえぎ

エントリーシートとかをね。いや、私は本当に苦手で。

高校とか、そこらで一回自殺は経験するべきだっただろう。今自殺が失敗しても天気にはなりえない。

作品を最近は、アニメやら映画やら見たのだが、きおくとして定着しないので無駄なのではという。

スペックの低さよ。嘆くばかりだ。

本当に。

駅に行きたいな。しかし、私は笑われるのでは。

自制心・

まともに文章を書きなさいよ・

wこ

私に能力がないのははっきりしているのだから、とっとと死んだほうが良いのは確かである。

ただ、結局これは「死ぬのはアパートの事故物件化とか捜索費用とか葬儀代とか親とか兄とか介護問題とかを考えたら無理だよね」という結論に行くだけなので、堂々巡りである。なのでまあ生きるのだが、この話も何回目だ。

能力が無いから死のうという話なのに、生きることを真剣に考えねばならぬというのは訳が分からない。就職支援課とか、精神科を頼るほかない。しかし、私は未だに就職支援課に赴くことも精神科を予約することも出来ずにいる。だから発達障害なのだが、それを直すにも邪魔をするとは何事か。

自殺オフ会とか、仮に行ったとしても恐らく私よりよほどきらびやかな人間がいるのだろう。

憂鬱というのは一種の準備態勢というか、今後の展望の価値を0と認識させることで自殺を正当化させているのでは、とか思ってしまう。

平和である。今日も今日とて。しかし、私は情弱だからやはり悲観的に捉えてしまうし、ならばいっそとも。いやまあ、なんだろうか。

私には素質がなかった。それに尽きる。もう終わりにしてしまいたい。

新しいことを、無駄なのだが、しかしまあしなくては。やるべきことも。やるべきことをすると寿命が延びる。刑期も。世の中というのはシビアで、私はそのシビアさから逃げることを非難するのはよくわからないのだが。少なくとも苦しさの中に生きる義務というのは変な話で、それはどういった理由に基づいているのか。現行人類のシビアさというのは人口減少によってより厳しくなるから自殺はいけないのか。

シビアさが私は曖昧な使い方をしている。ダメな論理。なんだね。眠い。寝てはならぬが。深夜は鬱々となり、結果駄文をポイ捨てする。これを連続して。私はやはり死ぬべきというか、まあ私のために私は死ぬべきで。

生きている意味が分からない人間は多いらしいし、じゃあ死んで良いのではとも思うのだが。ここでもやはり語の定義が曖昧で、意味はないと言いながら何の気なしに生きている人間の用法とはまた区別すべきである。まあ、私はそちら側だが。

ははは。私は何も持っていないし、何かを持つこともできない。他の人間は私を見てそれとは分からないだろうが、しかし私は今日見聞きしたことを反復するのすら厳しい。この悩みは一生理解されないだろうから、まあ死ぬほかないのだが。

誰か私の存在の代わりだけこなしてくれやしないか。そうしたら私はもう好きに出来る。

そんな、パイの取り合いをしてまで私が何かをする意味は無い。人は途方もない。多すぎる。しかし、私は私でしかないらしい。なんてこった。それは代替可能であるべきだろう、本当に根本的な意味で。

ぼのごどぼ

生きづらさの獣がよ、という。

私は虚栄心の塊でやはりダメなのだが。いやはは。

何もない、何も。

知的好奇心がなさ過ぎるのは素質の問題で、果たしてそれが命を捨てる理由として受け入れられるかが問題なのだが。問題で。

私はどこに居るのだろう。結果が見えている勝負をこの先何十年もやっていくということに、多くの人間はどう向き合っているのか。さすがに私みたいな人間は他にもいるはずで、何なら九割方私と同じようなもんだと思うが、彼らはそうした事実を受け入れて、とはいえ生きることを義務として生きるのか。

わからない。うははは。あ

かえるら

着手せねば。やり方は分からぬが。

たまに、私は自分を過大評価してるのか過小評価してるのかわからなくなる。人生において全く努力しなかった割には上出来な人生ではあるが、努力できないのだから無能である。

まあ一年後の結果発表を楽しみに、という感じだ。華厳の滝とかだろうか、考察に委ねるエンドを。

訳も分からず。訳も分からず、というワードをよく使う。本当に何も分かっていない。

私は年齢にそぐわぬ自分の幼さが嫌で、きっと子どものまま死ぬのだろう。ただ、子どものまま生きるよりは幾分かましではある。

頭が重くなる。新しいことを。しかし、課題が。やるべきことに手を付けることの難しさよ。

親にどう切り出すか。どうにもならないか。いや、どうにもならないことを知っておいてもらうということであって。

なぜ私はこうも、自殺のことばかりを。死ぬべきだからで。いや、しかしまあ。

 

うんばば

「私には何か人並み外れた才能があり、今は何もなしえていないがその気になれば偉業を成し遂げられるだろう」という人間普遍の病理を、ではなぜ病理として扱わないのだろう。

上記のようなことが頭から離れず、それによって困っているというならそれは立派に施術の対象だろうと思うのだが。実際はそういった症状への対処は行われているのか。もし行われていないのならそれはなぜか。

わからないことだらけだ。本当に、無知を自覚する度に死にたくなる。

うにゃらか

自殺、権利としてはあるはずで。

生きるのはやはり難しいし、自殺もやはり毎日考えてしまう。なので親に死ぬ旨を伝え、親孝行できず申し訳ない。納得してくれ。と言えればよいのだが。

例えば自殺する日を決めて、それまでの期間に周囲の人間に対して出来るだけのことをして、身辺整理を進めるという若年層向けの終活というのはあり得て良いと思うのだが。実際は自殺する旨を伝える段でまず止められるだろうし、周囲の人間にとっても精神的な負担が大きい。しかし、自殺というのはもう少なくない人間にとってほとんど避けられないことなのだから、死ぬことを前提にした取り組みだってあって良いのではないか。

わからない。生きるが。親が生きている間は恐らく生きねばだ。しかし、私はもうだめなのだ。ダメな私が、ダメなままに生きていくというのは正直しんどい。なぜだろう。体が追いつかないのだ。

私は図書館の貸出期限を守るとか、延長を申し込むとか、分からない単語を調べるとか、エントリーシートを書くとか、あらゆる作業が苦手なのだ。

これは果たして直せるものなのか。どうにか直そうと取っ掛かりとしてカウンセリングを申し込み(これだって本当は三年前に受けておくべきだったのだ)、その一環で知能検査を受けた。

どうやら言語性IQと動作性IQの二つがあり、その数値に15以上隔たりがあると発達障害の傾向が高くなるらしい。で、私はその差が40あった。

これまでの私のダメさは発達障害に由来するのだろうか。実際は発達障害でも困ってない人はいるそうだし、あくまで単なる傾向ではっきり障害と決まったわけでもない。

ただ、思い当たる節はあるし、中学校の時点で親には発達障害の気があると何度か言われていた。

高校二年の時に行った精神科医を少し恨めしく思う。あのときから今と同じような症状はあったのだから、何か貰えはしなかったのか。

生きるしかない。しかしどうやって。道はいくつもある。ただ、気持ちの面ではもうだめだ。私は自分が嫌いだ。

死ぬのはまずい。親のこともあるし、友達のこともある。だが、やはり死んでしまいたい。

気持ちは楽になるわけではなく。結局私は。

いつまでも同じ所をぐるぐると。これ自体、平凡なことで。私は一生どこかに埋もれている。じゃあ消えても、とはならないのだ。いっそ何もかも、とも。

卒論の中間発表の原稿を書かねばならない。ユーモアの具体例をネットで適当に調べて、それを書けば後はトントン拍子でなんとか行く、と思う。ただ、その簡単な作業のために私は五日ほど費やしている。

一年後に死ぬ、と決めてしまえば。しかし、一年後も親は健在であるし、恐らく友人も。死は許されない。

頑張るぞ。頑張れないからこうしているのだが。無意味な宣言を。

唯一の友達と頻繁に連絡を取っている。もっと自分を過大評価して、努力すべきだと言われた。これは、的を得ているのか。はたして。私にも私は分からないし。かといって彼も私の空虚さを知りはしないだろう。

努力を。いや、まあ。

明日以降何か、またブログを毎日とか。ただ、メンタルをすり減らすだけというのも知っているのだ。

生きている。生きている。お前は今日生きていた。