切り取り線の付いた遺書

休学を考えてる国文四年。ゴミでもあり。

はるさめーせん

わたしゃもうダメなのだが、まあしかし生きねばならぬ。なぜ。私が「最低限こうあるべき」という人間に生涯のうちになれはしないと分かっているのだから、死は正当化されると思うのだが。ははは、まあのうのうと生きていられる人間のオナニーである。ほほ。

本当に久しぶりに何もやっていない。やるべきことはある。というか、やろうとしているのだが、中間発表が終わってから何もしていない。

死んだ方がいい。いやはや。

私はADHDと思っていたが、カウンセラーが電話口で私を説明する際にADHDASDと言っており、ついてたんやあと。なんか、退路がない。相談したことであったはずの退路が消えた気がする。いやまあなかったのだが。しかし、それに無自覚でいられたのは確かだ。

ダブルラリアット。小麦を摂り始めたらまあ体調がよくないが、別に元から体調がよかったわけでもない。

迷走ばかりか。