切り取り線の付いた遺書

休学を考えてる国文四年。ゴミでもあり。

やる気

やる気、ないと言うにはという感じだが。

私は何かの作業を続けることが出来ないので、「まずやってみればやる気は絶対出てくる」という言葉を全く信用していないのだが、しかしまあやる気が存在しないのは確かなのだろう。別に、「やる気が存在しない」と主張するのが悪いのではなく、それに相当する状態の存在すら否定するのがよくないだけで、脳科学者は逆に「やる気」という単一の概念で色々な状態をひとくくりにされることに抵抗があるのだろうし。

私の場合は一つの作業に無数のチェックポイントがあり、そのチェックポイントでちょっとしたトラブルに差し掛かると即座にそれまでのモチベーションが消える。何か解決策はあるのやら。問題は、課題をやろうとはしたということである。はたして。